ルイヴィトンモノグラムヴェルニバッグ
null
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ リードPM バッグ クリームホワイト系(推定ペルル) M91336 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ リードPM バッグ クリームホワイト系(推定ペルル) M91336 [中古] 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ リードPM バッグ ペパーミント M91307 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ リードPM バッグ ペパーミント M91307 [中古] 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ リードPM ハンドバッグ M91336 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ リードPM ハンドバッグ M91336 [中古] 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ シャーウッドPM バッグ ベージュ系 M91491 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・ヴェルニ シャーウッドPM バッグ ベージュ系 M91491 [中古] 
null シーツの上にあぐらをかく。肩に浴衣をかけ、腕組みをして宙を睨み、 「その話、ちょっと気になるな」  と、小野寺が呟いた。 「どう気になるの?」 「なにしろ、電光石火の離婚調停だったでしょう。その調査員の言い分も、かなり正鵠(せいこく)を射ているような気がするんだ」 「ということは、夫がもくろんだ偽装離婚ということが、真相ではないか、というの?」 「もしかしたらね」 「いったい、その偽装離婚というのはどういう意味なの?」  亜希子は、息苦しくなった。にわかに胸騒ぎがたかまり、きっとなって小野寺に説明を求めたのだった。  しばらくの沈黙のあと、 「なるほど、考えやがったな——」  と、小野寺は言った。「船山慎平氏の立場としたら、なるほど、そういうことをやる手段もあったわけだ」  小野寺は説明した。  船山慎平が会社整理にあたり、自己の資産にかかわる成城の家や別荘など数億円の財産を禿鷹どもにむしられないため、妻と離婚し、慰謝料という形で妻にあげてしまえば、債権者や取立屋はそれを取ることができない。つまり、船山は再起のための軍資金を、愛する妻、亜希子に預けたのではないかと——。  亜希子には最初、意味がよくわからなかった。  が、離婚直前の慎平の挙動や、取立屋の執拗な質問などを考えあわせると、小野寺の説明がにわかに現実味を帯び、正しいことのような気がしてきた。  そしてその瞬間、亜希子はぎょっとなった。  とすれば……慎平は今でも本心では私を愛しているのかもしれないではないか!