收藏

ルイヴィトン財布マルチカラー偽物編集

詩帆「パパはあの女に騙されてるのよっ!」 和哉「だからさ」 和哉「たとえそうだとしても、それもオヤジさんの選択には違いない」 詩帆「——う」 和哉「それに、俺は入谷のオヤジさんが、そんなに人を見る目がないとも思えないけど」 和哉「信用できないのか? 自分の親」 まあ……俺も、全面的に自分の親を信じているかと聞かれたら、ちょっとアレだけど。 でも、根本的な部分——大事なところでの判断は間違えない人たちだと思ってる。 詩帆「信じてる、けど……」 詩帆「パパ……優しいっていうか、ちょっと甘いところあるから……心配で」 和哉「じゃあ、ぶっちゃけた話をしたらどうだ、二人きりで」 詩帆「そうしたいんだけど……アメリカ支社や結婚の話が急に決まったから、忙しいみたいで……」 詩帆「もう、しばらくは家に帰れないって……」 和哉「メールでも電話でも、なんでもいいだろ」 和哉「とにかく……こうやって俺に話したみたいに、オヤジさんにも自分の気持ちをストレートにぶつけてみろって」 和哉「先の話は——それからだろ」 入谷は数秒間、天を仰いでぎゅっと口を結んだあと、俺の方へ向きなおって力強くうなずいた。 詩帆「……うん、そうね」
表示ラベル: