新しい草間彌生ビトン財布価格,ヴィトンポルトドキュマン|草間彌生ビトン財布メーカー,草間彌生ビトン財布規格品のコーナー ::::::::::


2015-02-16 12:20    草間彌生ビトン財布
 ガラスに顔をくっつけて外を見ると、窓の真下の地面はコンクリートに覆《おお》われている。外へ逃げるとしたら飛び降りるしかなさそうだった。  佐貫の方を振り返ると、彼はロフトへ上がるはしごの一段目にぐったりと腰を下ろしていた。もし窓を開けることができたとしても、怪我《けが》を負っている佐貫に二階から飛び降りることは難しいだろう。  裕生はふとロフトにかかっているはしごを見上げた。どうやら取り外しができるようだった。 「佐貫、ロフトに上がれる?」  と、裕生は言った。自分たちが上がった後で、はしごをロフトに引き上げてしまえば、たとえ見つかったとしてもそう簡単《かんたん》に上がってこられないはずだ。  その時、階段の方から足音が聞こえた。千晶《ちあき》の「母親」が上がってきたらしい。  佐貫はうなずきながら立ち上がった。顔色は真《ま》っ青《さお》で、折れた腕は紫色《むらさきいろ》に腫《は》れ上がっていた。 「……なんであいつが俺《おれ》を殺さなかったのか、分かるか」  と、佐貫は言った。 「え?」 「さっきから考えてたけど、腕じゃなくて頭を殴りつけた方が簡単《かんたん》だったはずなんだ」  腕の痛みに耐えているのか、彼は歯を食いしばるようにしている。額《ひたい》には脂汗《あぶらあせ》が浮かんでいた。 「とにかく、ここを上がろうよ」  と、裕生《ひろお》は言った。ぐずぐずしている時間はない。 「いや、ここを上がるのは俺《おれ》だけだ。裕生はその窓からなんとか逃げてくれ」 「なに言ってんだよ」  怪我《けが》をした佐貫《さぬき》を置いていけるはずがなかった。万が一、捕まった場合、なにをされるか分からない。カゲヌシの餌《えさ》は人間なのだ。 「聞けよ。あいつの目的はお前なんだ。さっき言ってたじゃないか」