特価louis vuittonモノグラムアンプラント louis vuittonモノグラムショルダー louis vuittonモノグラムアンプラント良い 買ってlouis vuittonモノグラムアンプラント ::::::::::


2015-02-10 21:28    louis vuittonモノグラムアンプラント
 橙子さんに言わせると人間には二系統二属性があり、創る者と探る者、使う者と壊す者とに別れるんだそうだ。  幹也くんには創る者としての才能はないわねー、なんてはっきり言ったのに、橙子さんはなぜか僕を雇ってくれた。なんでも探る者としては才能があるとかなんとか。 「——遅いよ黒桐」  隣の部屋からそんな催促が届く。  見れば、とっくにコーヒーメイカーには黒々とした液体が満たされていた。           ◇ 「昨日で八人目らしいね。世間もそろそろ関連性に気付いてもいい頃だろうに」  灰になった煙草をもみ消しながら、唐突に橙子さんは切り出した。  ここ最近に連続している女子高生の飛び降り自殺の事だろう。今年の夏は断水の憂き目も見ず、橙子さん好みの悲惨な話題といったらそれしかない。 「八人目……? あれ、六人なんじゃないですか?」 「君が惚けている間に増えたんだ、六月から始まって、月に平均三人か。あと三日以内に追加一人がでるかな」  不謹慎な事を橙子さんは口にする。ちらりとカレンダーに目をやると、八月はあと三日しか残っていない。……あと、三日……?  なにか、そこにひっかかるものがあったが、疑問はすぐに意識の底に落ちていった。 「でも関連性はないって話ですよ。自殺してしまった娘たちはみんな学校も違うし、交友関係もなかったって。まあ警察が情報を隠蔽してるだけかもしれませんけど」 「ひねくれた事を言う。黒桐らしくないな、無闇に他人を疑うとは」  揶揄するように橙子さんは口元をつりあげた。眼鏡を外しているとこの人はどこまでも底意地が悪くなる。

最新情報

ランキング