ルイヴィトン草間弥生効果 louis vuitton草間彌生財布,どんなブランドのルイヴィトン草間弥生いい_割引ルイヴィトン草間弥生 ::::::::::


2015-02-10 21:46    ルイヴィトン草間弥生
「志津さんは!?」 「とっくに逃げたわよっ!!」 「なにい? なんで追っかげないんだよっ!?」  恭介《きようすけ》は、次々に襲《だそ》いかかるヴィルレントたちを殴《なぐ》りつけながら叫んだ。香澄《かすみ》はすでに一〇体以上のヴィルレントを昏倒《こんとう》させているが、それだけに消耗《しようもう》も激しいはずだ。 「でもっ……」  香澄は不安そうに恭介の倒《たお》したヴィルレントたちを見る。  脳に直接ダメージを与える香澄のスクリーミング・フィストと違って、ただ殴《なぐ》っただけの恭介の攻撃《こうげき》では、ヴィルレントたちを一撃《いちげき》で倒すことはできない。いくら恭介が喧嘩《けんか》慣れしていても、これだけの数の敵が相手では不覚《ふかく》をとる恐《おそ》れがある。彼女はそれを心配しているのだ。  それを知りながらも、恭介は叫ぶ。 「いいから行けっ! ここは俺《おれ》が何とかする!」  その声に気圧《けお》されたように、香澄はうなずいた。  目の前に立ちふさがるヴィルレントたちを倒して、夕陽《ゆうひ》の射《さ》し込む廊下《ろうか》を駆《か》け出していく。  その背中を見送って、恭介は額《ひたい》に浮いた汗《あせ》を拭《ぬぐ》う。 「……とは言ったものの……まいったね、これは……」  周囲を取り囲むヴィルレントたちは、喧嘩《けんか》の場数を踏《ふ》んだ恭介にも十分な脅威《きようい》だった。  残った敵の数は、まだ二〇体を優に上回る。恭介の手にした鉄パイプを警戒《けいかい》してか、すぐには襲いかかってこないが、一瞬《いつしゆん》でも目を逸《そ》らしたらたちまち攻撃されそうだ。  ヴイルレントたちの発する、低い唸《うな》り声が廊下に反響《はんきよう》する。  肥大《ひだい》した心臓の圧力に耐えかねて、毛穴から吹き出した血液が彼らの全身を紅《あか》く染めていた。  裂けるほどに開いた唇《くちびる》から、唾液《だえき》が滴《したた》る。拡大した瞳孔《どうこう》、血走った目つき。そして輝《かがや》きを失った虚《うつ》ろな瞳《ひとみ》。