ルイヴィトンロマン

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null ふと、月はおふくろの目ではないか、という気がした。おふくろはおそらくすでにこの世にはいないのだと思われた。死は、おふくろに、苦痛を伴わずに直ちにやってきたろうか。おふくろは死を容易に堪え忍んだろうか。あの肉汁の壺《つぼ》に落っこちた蠅《はえ》のように、ままよ——私に心残りはない、と思えただろうか……。  月は、振り返るたびに、すこしずつ高く、ちいさくなり、時にはおぼろになったり、また白く冴《さ》えたりしながら、いつまでも窓から離れなかった。    三  町の病院には、九時すこし前に着いた。おふくろはこの前私が見舞った直後に六人部屋から個室へ移されたと聞いていたが、月影にひたされて暗く静まっている建物のなかで、三階のその個室とおぼしい窓だけが明るんでいた。 「あの病室で?」  と運転手が小声でいった。  多分そうだろうと答えると、彼はそこがどんな患者を入れる病室なのかを知っているらしく、それきり口を噤《つぐ》んで、払った料金を軽く二、三度押し頂くと、足音を忍ばせるように走り出してから、ドアをきちんと閉める音をさせた。  玄関は外よりも暗かった。下足を預かる窓口はとっくに板戸で鎖《とざ》されていて、隅《すみ》のダンボール箱から薄い合成ゴムのスリッパが溢れ落ちている。脱いだ靴《くつ》を片手に提げて、人気のない廊下にスリッパを鳴らしながらエレベーターの方へ歩いていると、宿直の事務員らしい男の人が職員の手洗いから出てくるのに会った。おふくろの名をいって新しい病室のありかを訊《き》くと、その人は即座に、三階のナースセンターの真ん前だと教えてくれた。  横揺れのする広いエレベーターで三階まで昇り、暗い廊下に電光が溢れ出ている方へ歩いていくと、その明りに照らされている真向いのドアに、面会謝絶の貼紙《はりがみ》があり、そばにおふくろの名札がすこし斜めに掛かっていた。私は、ドアの内側にちょっと耳を澄ましてから、ノックをして開けた。 「お帰り。間に合ってよかったぁ。」  そういう声と一緒に、姉が飛びつくように駈《か》け寄ってきた。ベッドにはまだおふくろが寝ていて、部屋のなかには姉と石崎さんのほかに、隣町に住んでいる父方の従妹《いとこ》もきていた。私はみんなに頭を下げて、鞄と靴を病室の隅に置いた。 「見てくんせ。こんなになってしもた。」と、姉は私の腕をとってベッドの枕許の方へ導きながら、堰《せき》を切ったように喋《しやべ》りはじめた。「これでも午前中に比べれば持ち直した方だえ。みんなで、あんたが帰ってくるまではって、手を尽くしてくれたおかげなの。今朝、あんたに電話してからきて見たときは、もうとても……。」  おふくろは、鼻腔《びこう》にゴム管を差し込まれた顔をすこし左へ傾けて、目を閉じたまま荒い呼吸を繰り返していた。意識が失われたままなのは一と目でわかった。喉《のど》がぜえぜえ鳴っていた。息を吐くよりも吸うのが困難だと見えて、軽いしゃっくりのように力を入れて息を吸うたびに、眉根《まゆね》が顫える。半びらきになった唇《くちびる》の間から、動かなくなった舌の先が乾いた小石のように見えていた。  姉が今朝からの容態の一進一退をとめどもなく話すのを聞きながら、私は、脳死という言葉を思い浮かべていた。脳死という意味からすれば、おふくろはもうどのぐらい前から死んでいるのかわからなかった。 「……だから、今朝から何十本注射したかわからないわ。とても数え切れないくらい。でも、注射は躯《からだ》にではなく、ほら、全部これにするのえ。」
    2015-02-10 21:36
    ŗ 評論 0
発祥地|ルイヴィトンロマン
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ルイヴィトンロマン好用嗎 ルイヴィトンオデオンpmショルダーコピー|ルイヴィトンロマンランキング|オンラインルイヴィトンロマン専門はどうですか ::::::::::