「最新」,ルイヴィトン草間彌生バッグ,ルイヴィトンジッピーウォレットモノグラムランキング8強|ルイヴィトンジッピーウォレットモノグラム公式ページのURL ::::::::::


2015-02-10 22:12    ルイヴィトンジッピーウォレットモノグラム
 「人骨を掘って運び出したのは児島作衛門一派なんだぞ」  江沢が声を荒げた。  「児島作衛門の墓ば掘っ返してやるべえ」  金森が独り言のように呟やく。  「ついこの間、おらの名が新聞に出てな、それから子供たちはもう学校へ行きたがらねえのよ」  派手にやらかして新聞沙汰になるのはもうこりごりだと言った。彼はメーデーのとき、アイヌの「自主自立」を叫んで道庁に押しかけ、新聞に顔写真まで載ったのだった。  「人骨問題は、アイヌ全体の信仰にかかわる問題だからな」  酒好きな桃園はポケットからウイスキーの小瓶に詰めた焼酎を出してラッパ飲みしながら、「徹底的に打ちのめせ!」と叫びたてた。  「学者たちの糾弾には、学問の独り善(よ)がりを責め、世論に訴えるやり方が一番いい」と、こんどは和人の森山が意気込んで言った。  「そうだとも、傷つくことを恐れては事態はますます悪くなるばかりだ」  「なにさ」と、フミが森山を睨みつけた。  「骨を返せって、新聞や週刊誌で騒ぎ立てれって言うの」  この気持ちは、和人なんかには分りっこないと、きっぱり言い切った。話しながらフミの顔はみるみる引き攣(つ)ってゆく。そして、ふたたび何事かを言おうとする森山に向かって、  「さあ、何もかも、みんな剥き出しにさらけ出すがいい」と、金切声で叫び立てるのだった。  重く沈んだ中で孝二は、みんなの言い分に耳を傾けていた。ヌップや江沢は、初めから厳しい抗議を主張し、金森やフミは終始派手な抗議には反対だと言い、何とか穏便に済ませるように言い張った。  ふさふさした豊かな顎髭を垂らした長老向田岩太郎は、「強行であれ、穏便であれ、人骨返還はウタリ協会の使命なんだから、これが実現までは全力を尽くす」というのが、彼の結論だった。  「ところで」と、ヌップは改まった声で言った。「北大との交渉には誰が当たるんだい。話の内容も順序も決めておかねば、奴(やつ)らは巧妙だから逃げられてしまうど」  「交渉の窓口も交渉の母体も、『ウタリ協会』がよかべ」