最高のlouis vuittonルイヴィトンダミエ ボッテガヴェネタ偽物見分け方|louis vuittonルイヴィトンダミエ適合年齢,どうやって買うlouis vuittonルイヴィトンダミエ ::::::::::


2015-02-10 21:41    louis vuittonルイヴィトンダミエ
「……約束する」  と少ししゃがれた声で答えた。  ……あの苗村伽奈も、ときおりむき[#「むき」に傍点]になって嘘を言い張ることがあり、他の患者とのトラブルが絶えなかった。  ある若い女性患者が大事にしていた熊の縫《ぬ》いぐるみを黙ってゴミ箱に捨て、それを見ていた者がいるにもかかわらず、自分のしたことを意固地《いこじ》に認めなかった。 「どうしてそんなことをしたんです」  面接のときに榊が訊いても、 「わたし、してません。みんながわたしに濡れ衣《ぎぬ》を着せて、いじめようとしてるんです。ほんとです。わたしが先生に気に入られてるのを知って、嫉妬《しつと》してるんです」  そう言い張った。  榊が特別な目で自分を見てくれている、という思い込みは日を追って強くなってゆき、やがて、ある日の面接中に、とつぜん榊の手をとって自分の頬におしあてることをした。——その病院では、患者が若い女の場合でも看護婦をそばに置くことはなく、一対一での面接がふつうだった。 「先生、わたし、先生のことが好きです。先生としてじゃなくて……ひとりの男の人として、とても好きになってしまったんです。この気持ちは、先生にも伝わってると思います。先生、知ってらっしゃったでしょう? わたしも、先生が温かい愛情でわたしのことを考えてくださってるのを知っています。わたし、先生となら幸福になれそうな気がします。ぜったいなれます。先生の腕のなかで生きたい。先生にじっと見守られて、わたしも先生のことだけを考えて、幸せに暮らしたい。先生おねがい、わたしを先生のものにしてください」  切々《せつせつ》とうったえる伽奈に、榊は狼狽《ろうばい》をおさえながら、 「ちょっと待ちなさい」手を引きぬいて、しずかに言った。「ぼくは妻帯者ですよ。妻がいます。あなたの気持ちはうれしいが、その気持ちを受けとめられる立場じゃないんです」 「奥さんがいらっしゃるのは知ってます。でも、かまいません。そんなこと気にしません」  伽奈は引きさがらなかった。  榊は表情も声も硬くして、彼女を諭《さと》した。 「ぼくとあなたとの関係は、あくまでも医者と患者さんの関係であって、男と女の関係ではないし、そんな関係になってはいけないんです」 「なぜいけないんですか?」