グッチ ショルダーバッグランキング ルイヴィトン_ネット上で買ってグッチ ショルダーバッグ,ショッピングセンターヒットグッチ ショルダーバッグどっちがいい ::::::::::


2015-02-10 21:35    グッチ ショルダーバッグ
「気になる船……?」 「総務会に、ヴィタ・ファリエルって爺さんいるだろ?」  爺さんか、とピアズは苦笑した。 「だって街の連中がみんな、総務会の頑固爺いって言ってんぜ」 「ああ。きみが噂話に詳しいのは、よくわかった。それで?」 「——その爺さんが、いつも総務会のやつらが水を格安で買い入れてる水売りとは違う水売りと、契約を交わしたそうなんだ」  エリの言葉にピアズは眉根を寄せた。 「わざわざ高くつく水を買うんだぜ。それってぜってぇなんかある、って思えるだろ。オレが考えるに、他の総務会の仲間にゃ隠しておきたいことがあるに違いない、って思うんだ」 「それで?」 「総務会のお偉がたに対抗できんのは、やっぱ総務会のお偉がたじゃん? そもそもボッズを捜してんのは、エルバ・リーアっておっさんであって、ヴィタ・ファリエルって爺さんじゃない。ボッズはそう言ってる。したら、ボッズがその爺さんの船に乗っても、総務会の仲間にゃ隠してる船だからさ、ボッズをエルバ・リーアに突き出したりはできねぇだろ」  これでどうだい、とエリは胸を張ってピアズを見返す。けれどもピアズは少しも感心した様子はなく、ゆっくりと立ちあがった。 「たったそれだけの情報から、そこまで考えたのは素晴しいと、とりあえずは褒めておこう。その褒美に、きみにはひとつ私から情報を与えてあげよう」 「——なんだよ」 「きみの親友、ケアル・ライスは現在、ヴィタ・ファリエル邸にいる」  なんだって? とエリは静かに自分を見つめるピアズに詰め寄った。 「ヴィタ・ファリエルは、蕪売りのモルという男の商売を保証することを条件に、きみの親友を自邸に軟禁しているのだ」 「どういうことだよ、そりゃ」 「さあね。私としても、きみの親友が自ら私に助けを求めてこない以上、へたには動けないんだよ。ヴィタ・ファリエルは、彼が望んで自邸に滞在していると公言しているのでね」