ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuittonブランド推薦 ルイヴィトン ノエ_ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton品質はどうですか_ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuittonメーカー_網 ::::::::::


2015-02-10 21:30    ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton
 季節は春から初夏に向かおうとしていた。日当たりのいいアトリエは、天気のいい日には窓をいっぱいに開け放っていても汗ばんでしまうほどだった。  窓を開けていると、アトリエには気持ちのいい風が流れ込んで来た。その風はいつも、潮の香りがした。  その日、わたしはスカート丈の長い、真っ白なノースリーブのワンピースをまとい、アトリエの床の上にじかにしゃがんでいた。片方の脚を真っすぐに伸ばし、もう片方の脚を少しだけ曲げ、その膝《ひざ》を両手で軽く抱え、自分の爪先《つまさき》をぼんやりと見つめるというポーズをとっていた。  そのワンピースはわたしのではなく、画商が用意したもののようで、わたしだったら絶対に買わないような、すごく少女趣味なデザインの服だった。 「鈴木さん、ゴールデンウィークは何か特別な予定があるの?」  カンバスの向こうで絵筆を動かしながら、何げない口調で画家が訊《き》いた。  そう。翌週からはいよいよゴールデンウィークだった。わたしのクラスの子たちもみんな、ゴールデンウィークの予定を楽しそうに話していた。  クラスの子たちはたいていは、どこかに行楽に連れて行ってもらうようだった。家族と海外に行くという子も何人かいた。遠山美久《とおやまみく》はハワイに行くとはしゃいでいたし、佐藤|梢《こずえ》はサイパンに連れて行ってもらうらしかった。  だけど、わたしにはそんな予定は何もなかった。ゴールデンウィークは稼ぎ時のようで、ママはずっとお店に出ることになっていた。  そうだ。クラスの子供たちとわたしとでは、あまりに境遇が違っていた。それは悔しくて、イライラして、頭がおかしくなるほどだった。 「特別な予定なんて、そんなもの、あるはずがないじゃないですか?」  カッとなったわたしはカンバスの裏側を睨《にら》みつけ、強い口調で言った。「ただ、毎日ここに来て、まるで奴隷みたいに、先生から動くなと命令されるだけです」  わたしの所属するプロダクションとあの太った画商が交わした契約では、週末のほかに、祝日にも、わたしは画家のモデルをすることになっていた。だから、ゴールデンウィークのほとんどを、わたしはその部屋で過ごすことになるはずだった。 「奴隷って……」  カンバスの向こうから顔を出して、画家が困ったように言った。「あの……そんなつもりはないんだけど……」  その人の困ったような気弱な顔を見て、わたしはすぐに反省した。自分では見えないけれど、きっとわたしはまた、鬼みたいな顔をしていたに違いないのだ。 「あの……先生……ごめんなさい……わたしも、あの……そんなつもりで言ったわけじゃないんです」